2014年02月10日

顔のエクササイズ!

年齢とともに、やってくるのが肌のたるみ。

ほうれい線がでできる原因の、第3位が、加齢による顔のたるみです。



顔には24種類の筋肉がありますが、
普段の生活の中でこの筋肉を使うのは、30%程度だそうです。

使われない表情筋は、どんどん衰え、弾力がなくなった筋肉は、
引力に負けて、だんだん垂れ下がる・・・というわけです。

しかし、仕方ないとあきらめたくないですよね!!



そこで! 毎日の習慣として、とりいれたいことが、、
表情筋を鍛える こと。

体も、筋肉トレーニングをすれば、
スリムで引き締まった体になれるように、
顔も、筋トレをすれば、たるみのない顔に効果絶大なのです。




ここでは、時間をあまりかけず、
難しくないものだけを、紹介したいと思います。

顔の筋トレは、毎日続けることが大切 なので、
最初から面倒くさいと、続けられないからです。



1  舌で口の中を、ぐるぐる回す。    
    最初は、左右10回くらいから、始めてみてください。
    疲れなくなったら、少しずつ回数を増やして。
    慣れないうちは、かなり疲れると思います。
    こんなに使っていなかったんだなぁ~と、私も驚きました!


2  歯磨きの最後に、歯ブラシの背を使って、
   頬の内側を 上から下にのばすように、8~10回こする。

     ほっぺたの内側から、アイロンでしわをのばすイメージで!

上の2点だけなら、食事前、歯磨き後と決めてしまえば、
簡単に習慣化できるうえ、効果もてきめんです。
   



 

余裕のある人、物足りない人はこちらも取り入れてみてください♪

3  よく口を動かす!     
     「あいうえお」  
     「いうえおあ」
     「うえおあい」
     「えおあいう」
     「おあいうえ」
   これを「あ」行から「ら」行まで、1日1回。
  
   【ポイント】できるだけ大きく口をあける
         一語一語はっきりしゃべる
         慣れてきたらできるだけスピードを早く!
        


顔の筋肉の中で、一番衰えやすいのは、口の周りの筋肉(口輪筋)なので
ここを鍛えると口元がたるみにくくなりますよ!


自分にできる範囲で、すこしずつ生活に取り入れて、
たるまない女を目指しましょう  




【関連する記事】
posted by reiko at 14:23| Comment(0) | 顔のたるみを防ぐには | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。